初代ぷよ戯言

初代ぷよに関する根拠の薄い、参考にならない戯言の集まり

眠い

 お久しぶりです。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180420215600p:plain

 私はこの人(人外)を連鎖で、千早式でぶちのめしたい。

 以上。

塔 5. ABACCC

タワーについてちょこっとお話 - 初代ぷよ戯言

 

5. ABACCC

 初手周り別の組み方、ABACCCについて。

 ABACCCはタワーにおいて、悪配ぷよである。だからこそ、対処をしっかりしていきたい。

 

5.1 タワーの種類

 ABACCCの捌き方は主に下図の2つであると考えられる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310221526p:plain

 他に、5縦が考えられるが、緑2個の露出と5列目が高すぎるのが良くない。6列目がほぼ使えない形となっている。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310221758p:plain

 なお、ずらしでは私は下図の置き方を推奨している。タワーを組みきる上では意外と高効率だ。しかし、ずらさない場合はこの置き方は悪手である。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310222009p:plain

 

5.2. 4手目別の考え方

5.2.1 6縦の場合

 実は私は6縦を使っていたが、現在4縦に変えている。4縦に変えた理由は、一部の配ぷよで置き方に困ったからである。

 以下、私の捌き方を紹介する。

・AA(DD),ABの置き方

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310223054p:plain

 AAが横置きなのは、DDで5縦しても高くなりすぎないという利点と、BA,CAと来た時に赤を入れられるという利点があるからである。縦置きだとBA,CAと来たら45ちぎり,4縦で単発になってしまう。4手目DDの場合も同様の考え方で同様の置き方をする。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310223538p:plain

 ABは確定を優先するか土台を優先するか、あなたの判断に任せる。私は決めあぐねている。土台を優先した場合、CDにはスプリットにする手と、壱式にする手がある。他にも良い手があるかも? 4縦で紫を捨てて確定する手もあるかも?

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310223747p:plain

 

・AC,ADの置き方

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310224433p:plain

 ACのとき、BCが来たらどうせ黄色は入らないから45にする手と、緑を確定する手がある。

 ADは私は3縦していたが、S級に縦3を使っている人がいる。難しい。3縦の場合、緑黄が来たら緑を確定する手とどうせ黄色は入らないから45で確定しない手がある。

 

BB,BC,BDの置き方は省略する。

画像だけ少し

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310224935p:plain

 

・CC,CDの置き方

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310225032p:plain

 CCは、ネクAB,ADのときに3縦で壱式にする手と、5縦にして参式の目を残す手がある。

 壱式にした場合、個人的には下図の上のような手は、ちぎりたい。赤が先に多く来た時に紫が入れづらくなりづらいという利点がある。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310225648p:plain

 CDは頑張って。

 

 これらの図を見てもらうとわかる通り、5列目の黄色が綺麗に入る手はそこまで多くなく(個人的な意見です)、下図の下のように、黄色を早めに捨てても緑は確定できておらず、緑が来ない限りすぐに4列目は使えない。確定するようにしても、土台下の色がほぼ固定されたり、ちぎりになったりと、味が悪い(個人的な意見です)。4列目の緑を連結して、5列目との段差が3段になってしまったときなどは、非常に組みにくい(個人的な意見です)。だから、1縦などにする手も使われる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310230136p:plainf:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310230621p:plain

 

 このような欠点を解消しようとした手が、次に説明する4縦である。なお、6縦でも上手いこと組んでいる人はいるし、この記事は6縦の方が悪いと断定するものではない。どちらの方がいいかは個人の研究に任せる。

 

5.2.2. 4縦の場合

 4縦の欠点は、5,6列目にないことかな?

 面倒くさいのでCD以外の置き方は省略する。

 

 CDの置き方は下図の2通りある。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310231704p:plain

 上の置き方は6列目を活用しようという手で、私はこの置き方を使用している。しかし、ちぎりが発生するという欠点がある。

 下の置き方は多分6列目よりも3列目を使おうという手なんじゃないかなと思う。

 私は上の置き方派なので、上の置き方の継続手を説明する。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310232226p:plain

 ABでは壱式に組んでいく。

 CDは6縦か56ちぎりのどっちかで、私はまだ置き方を確定できていない。画像は6縦。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310232444p:plain

 AD(BD)での棚上げがこの置き方の肝であり、棚上げはABACCC4縦の肝であるようにも思う。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310233133p:plain

 緑紫は難なく入れられることに変わりはなく、また、赤緑でも5列目が高くなりすぎなくなります。下図の上には幽霊で赤があります(見えづらくてごめんなさい)。まあ下図の上も何だかんだ入れやすいけどね。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310233151p:plain

 また、棚上げにした場合には、赤黄、赤黄のように来た場合に、赤を難なく入れられます。赤黄は2連続でなく、間に他の組みぷよを挟んでもよいですので、確率的にも低くはないでしょう(そもそも赤黄が高くはないけど)。これに関しては5縦ではすんなりはいきません。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310233458p:plainf:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180310233754p:plain

 

 

 

もう疲れた!面倒くさい!自分で検討して!

塔 4.2. malloc

親ページ

 タワーについてちょこっとお話 - 初代ぷよ戯言

 

4.2. malloc

 malloc とは、memory allocate の略で、領域を動的に確保する関数のことである。本節では、この領域確保(連結の場所を残す手)について、いくつかの形を用いて解説する。

 

4.2.1. ABACBC

 ABACBCは以下の2通りだと考えられる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217015757p:plain

 この二つでは、私は下の方が効率が良いと思うし、多くのタワー勢は下を使っているのだが、上が好きだって人もいると思うし、明確に数値を出して結論付けたわけではないので、上を否定はしない。実際に自分で組み比べてみて、自分に合う方を使うとよいだろう。以下、私が下が良いと思う理由について解説する。

 まず、上の置き方の悪さが顕著に出る例として、ネクADが挙げられる。

 ネクADで、まず壱式にした場合を見てみよう。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217022357p:plainf:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217022745p:plain

 これを見ると、黄色の4連結が確定であり、黄色を入れるには右上図の固ぷよの位置に黄色を置かなければならない。このような、特定の場所に特定の色を置かなければいけない状態を、その位置に色を予約することから、リザーブと言う。この黄色のリザーブは、4連結確定というだけでなく、黄ダブ以外の黄色の場合ちぎりが発生する。効率を落とさずに回避できるなら回避したいところだ。

 さらに、ネクに黄赤か赤ダブが来た場合。今回は黄赤が来たものとして、下図の形となる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217024040p:plainf:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217024306p:plain

 このとき、紫は赤紫が来ない限り、おじゃまぷよの位置に置かなければならない。仮予約とでも言っておこうか。このとき、固ぷよの位置は黄色の予約であるので、黒いぷよ(名前忘れた)の位置が緑の仮予約となり、かつ赤紫が来ない限りは緑の4連結が確定する。11段以上のおじゃまを送るためには、4色クアドラプルの場合、4/5/5/5 か 4/4/5/6 か 4/4/4/7 にする必要があるが、4/5/5/5 は 4/4 が確定していて不可能であるため、紫と発火色である赤で5/6か4/7を作ることになる。これを踏まえると、赤紫が来ない限りは、クアドラプルで致死を組み切ろうとした場合、仮予約は下図の領域にまで拡張される。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217030244p:plain

 紫で5連結以上を確保しようとした場合、赤紫が来ない限りおじゃまの位置まで伸ばす必要があり、その場合緑の4連結目は縦に伸ばす必要がある。このとき、壁ブロック?の位置まで赤を伸ばす必要がある。黄赤などが来た際に6列目に縦置きし、6列目3段目に赤を入れてしまうと、赤が入らなくなる。

 この形になったら、赤紫が来てしまえばよいが、来ない場合はクインティプル致死を狙うか、キルアイスや連鎖移行をするか、下図のような2W3W致死を狙うかすると良いだろう。クインティプル致死は4色なら5連結が一つあればよい。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217030921p:plain

 

 このように、ABACBC4縦からのAD壱式は連結できる場所が狭く、AA,ABが来た場合に組みづらいことが分かった。そこで、5縦の場合を考える。

 5縦の場合は、下図の形になる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217031922p:plain

 紫赤は下図のような入り方を考慮して、紫下である。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217032023p:plain

 このとき、5列目3段目の紫を活かそうとすると、下図のお邪魔の位置に紫を置く必要がある。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217033416p:plain

 ここから、赤紫、赤ダブと来た場合、下図。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217034235p:plain

 見るからに連結が厳しそうなのがわかると思う。緑赤が来た場合、黄色の予約になり、3列目3段目が緑の予約になる。紫がすぐに連結出来ない。紫緑が来た場合にも、6列目に縦置きすると3列目が黄色の予約になり、紫か緑のどちらかの連結がすぐには出来なくなる。

 また、赤紫、赤緑の場合。このとき、下図の2択だと思う。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217035152p:plain

 5縦は参式を残して待つ手で、悪くない。3縦の場合、やはり黄色が予約で4連結確定する。緑も3列目3段目が予約となる。多分5縦の方が良い。検討はしてない。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217035804p:plain

 

 今までの説明で、何故連結がしづらいかというと、1,2,3層目の5列目が1段ずつしかないからである。タワーは棚上げという例外を除いて、5列目(と3列目)に対応するように4列目を入れていく連鎖法なので、5列目が1段しかないと4列目も1段ずつになってしまい、色の制限が厳しいのである。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217040951p:plain

 そのため、例えば、紫緑が来た場合は、一度下の紫を捨てて4列目の緑の連結を稼ぎ、形を良くするのである。その後、紫赤が来たらいいな。緑紫、緑赤は嫌だな。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217041338p:plain

 

 これに対して、ABACBCを4,5横置きした場合、緑の5列目が2段あるので、連結が期待でき、かつ4列目に置ける場所が増えるのである。よって、ネク赤紫に壱式が使える。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180217041954p:plain

 この時点で4連結が確定している色は無く、予約は紫の3列目3段目の仮予約のみである。先ほどの形よりも大分良いと思う。ちなみにここで黄ダブが来たら筆者は6列目に縦置きします。緑黄なら筆者は4列目に縦置きして、赤ダブに備える場合が多いですが、速度を意識して横置きするのもありです。

 もちろん、赤ダブや紫ダブ(からの紫ダブや紫赤)など、ABACBC横置きの方が苦手な配ぷよもあるので、どちらを使うかは個人の判断に任せます。

 以上で、ABACBCの話は終わりです。(いつの間にか、だ・である口調から、です・ます口調になっているんだが)

 

追記

 ABACBC横置きからの紫ダブは23に置けば苦手じゃないじゃないかっていう人もいると思う。それもありなので、任せます。

 

4.2.2. ABACAD

 ABACADからの数手は結構勉強になる。

 だが後日だ!

 

 

塔 3+sin(π/6). 初心者向け講座?

親ページ

 タワーについてちょこっとお話 - 初代ぷよ戯言

 

 何故かはわからないが、私の記事が初心者はおろか、初級者のレベルすら逸脱しているなどという不愉快な指摘を賜った。非常に遺憾であり、憤慨甚だしいのであるが、私も初心者のためになる記事を書きたいのであるからして、大変不本意ではあるが、より初歩的な内容を書くために筆を執った次第である。

 

 タワーの繋がるか繋がらないかとか、どうすれば繋がるかとかは、たくさん組んで慣れるのが一番。ということで、本記事では、レベルに分けて問題を作成した。タワーの土台から発火するという前提ですべての問題を作成している。問題のすぐ下に解答があるので、ゆっくりスクロールするように。 

 

/**************************************

 レベル1

**************************************/

※以下の問題では、土台下の固ぷよは消えないものとする。

第一問

 赤発火したとき、つぎの黄色と緑は現時点でつながっているでしょうか。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215201708p:plain

___________________________

解答

 発火後の形は以下のようになる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215202305p:plain

 緑は繋がるが、黄色は繋がらない。

 壱式、参式では4列目と5列目の段差は2段であるため、5列目の黄色ぷよがあと一段上にあるか、4列目の黄色ぷよがあと一段下にある必要があった。

 

==========================

第二問

 赤発火したとき、つぎの黄色と緑は現時点でつながっているでしょうか。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215202459p:plain

___________________________

解答

 発火後の形は以下のようになる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215202731p:plain

 どちらも繋がらない。

 壱式、参式では、3列目と4列目の段差は1段であるため、緑は1段ずれてしまう。

 黄色は以下のような形でつながる。問題図から2列目4段目に黄色があっても繋がらないので注意。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215203440p:plain

 

==========================

第三問

 赤発火したとき、つぎの黄色と緑は現時点でつながっているでしょうか。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215203703p:plain

___________________________

解答

 発火後の形は以下のようになる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215204007p:plain

 黄色のみ繋がる。図を見るとわかる通り、4列目の黄色は上二つの固ぷよの位置にあっても繋がる。緑は4列目の上に一つ付け足せばすべて繋がる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215204903p:plain

 

==========================

第四問

 赤発火したとき、つぎの黄色と緑は現時点で4連結完成しているでしょうか。また、各色の現時点での最大連結数はいくつでしょうか。(紫ぷよが発火後1連結と3連結に分かれている場合、紫の最大連結数は3)(問題図ぷよの個数奇数なんだが)

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215210026p:plain

___________________________

解答

 発火後の形は以下のようになる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215210050p:plain

 緑のみ4連結完成している。最大連結数は緑が4、黄色が3である。

 4列目の下の黄色に惑わされないように注意。緑は1段、2段の関係が綺麗に出来ているため、繋がる。黄色は緑によって分離されており、3列目4段目か4列目6段目にもう一つ黄色があれば4連結完成する。6列目は消してしまうので注意。

 

==========================

第五問

 赤発火したとき、つぎの黄色と緑は現時点で4連結完成しているでしょうか。また、黄色の最大連結数はいくつか。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215210420p:plain

___________________________

解答

 発火後の形は以下のようになる。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215210600p:plain

 緑は4連結完成しない。黄色の最大連結数は6である。

 繋がる例を見た方が早いと思う。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215210804p:plainf:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215210817p:plain

 左上図は黄色6連結、右上図は黄色8連結

 

/**************************************

 レベル2

**************************************/

第六問

 次の一手、黄色を完成させるにはどう置けばよいか。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215213418p:plain

___________________________

解答

 解答図は以下の通りである。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215213612p:plain

 3列目に縦置きすると、4列目の黄色の一段下に3列目の黄色がないため、繋がらない。

 

========================== 

以下、後日。ふと思ったんだけど、問題用のソフト作った方がよくないか?(面倒くさい)

第七問

 

___________________________

解答

 

==========================

第八問

 

___________________________

解答

 

==========================

第九問

 

___________________________

解答

 

==========================

第十問

 

___________________________

解答

 

/**************************************

 レベル3

**************************************/

もそっと難しい次の一手形式を想定

第十一問

 

___________________________

解答

 

==========================

批判を受けて

 何か私の初級者向けタワー記事が初級者向けじゃないって批判あったんですけど。

 正直、初級者や初心者がタワーの何がわからなくて、何がわかるのか。そういったことが全然わからないので、ここにコメント書いてもらうなりなんなりしてもらわないとわからんのですよ。

塔 4.1. 高さ

親ページ

 タワーについてちょこっとお話 - 初代ぷよ戯言

 

4.1. 高さ

 以下のような参式の形があったとする。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215112451p:plain

 筆者は自分が初心者だった頃の思考を忘れてしまったので見当違いなことを言うかもしれないが、ここから4,5列目だけでタワーを作ろうとはしていないだろうか(例の形が良すぎて、4,5列目で早く強いのが作れることが多い。例が悪い)。何が言いたいかというと、3,6列目を上手く使いましょうということだ。3,6列目を使うことで、色の置ける場所が2列から3,4列に増えるのだ。

 例えば、ここからBDACBB(YPRGYY)と来たとき。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215123731p:plain

 ここから、初心者は1,2列目に置いているかもしれない。実際悪くない。私もそう置くときがよくある(例が悪い)。しかし、ここでは6列目に入れて高さを整えるのも有効だ。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215125818p:plain

 こう置くことで、6列目から紫に届くようになる。ここから、ADAAと来た時に、ネクがDDでもCDでもちぎらずに全部入れられるという利点がある。1,2列目に置いていたら、CDは片方がゴミになり、DDはすぐに連結することは出来ない。また、ゴミを1列目に捨ててもクイックが残るという利点もある。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215130007p:plain

 対して、1,2列目に置いていた場合の利点は何だろうか。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215131618p:plainf:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215130721p:plain

 1,2列目は、6列目ではなく、3列目を利用してやろうという考えなのだ。そして、1/8発火を見えるようにしている。右上図から、YPYG(YGはRGかPGでもよし)が来たとき、PRで1/8発火できるのは1,2横置きならではである。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215132204p:plain

 ただし、1/8発火が出来る確率は2/7だが、5/7の確率で1/8発火の利点は消えるので、ちぎりが少なく、それまでが早い方が確率的には強い。何かいまいち言いたいことが言えてない感。例が悪い。例が悪い。

 

――― 実戦例 ―――

 ここで、実戦での例を紹介する。私以外の誰かと私以外の誰かの対戦での、1P側の置き方だ。

配ぷよ:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_c1c1O1I1A1A181i1M1M1S1O1C161A1

1Pぷよ譜:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O8IiAwAy8iiGM4MuSyOCC46uAC

 

  ABABBCCDADからのネクAD

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215134034p:plain

 オイラはこの形にはならねえべさって人もとりあえず聞いてほしい。このADの置き方は、一般的な考え方では、発火色である赤を捨てたくはないから、緑が4連結確定になってしまうけど、土台を完成させようという3縦と、出来れば参式、悪くても紫の大連結と期待する5縦であろう。これらの置き方が悪いというわけではないが、この人は違った。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215135327p:plain

 このように、組ぷよを両方とも捨てて、6列目の高さを取ったのだ。こうすることで、下図の場面でPYを6列目に入れ、黄色を完成させることが出来た。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215140402p:plain

 なお、ここで6列目がなくても、PY以外のYが入る配ぷよであれば3列目から入れることが出来るため、発火色を捨てた方が遅くなる可能性は大いにある。ハチイチで分が良いは5/7の確率で分が悪く、ハチイチで分が悪いは5/7の確率で分が悪くなる可能性もあるのだ(ハチイチ以外のすべてで結果が逆転するとは限らないが)。ハチイチで分が悪いけど速いというぐらいが一番強いのかもしれない。勿論、分が悪いが積み重なるような置き方は悪手であるが。

 ちなみに、高さの話をしているので一応説明しておくが、下図で4列目に立てたのは、既に致死あるので、より高いところに置いた方が早いからである。これを置きミスなく、素早く入れられるようになるためにも、タワーを組みまくって致死量判断力を鍛え、ネクのぷよが降り始めるタイミングの感覚を磨き、素早く半回転入れられるようにすると良いだろう。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215141258p:plain

 

 初心者のために、他の置き方についても書いておこうと思う。

・AD3列目土台完成の場合

ぷよ譜:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O8IiAwAs8iiuM8MuSsOaCe6gA2

 途中まで進めて、以下の場面。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215142000p:plain

 ネクYGの置き場所は初心者だとどうかはわからないが、初級者ならおそらく4列目に置けるだろう。問題は、色の上下である。この手は、大抵の場合は5列目にある色(ここでは黄色)を上にした方が良い。理由は、すぐに黄色を入れられる可能性があるからだ。活かせる黄色を含んだ組ぷよもこちらの方が多い。YG,YRなら4,5横置き、YYなら4縦、YPなら3,4ちぎりだ。YRはRGちぎりを見て縦置きする人もいるかもしれない。

 さらに、一手進めたつぎの場面。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215142902p:plain

 赤ダブを考慮してついつい4,5横置きしてしまいたくなるかもしれないが、ここは5縦の方が良い。3,6列目の高さがないからだ。4,5横置きしてしまうと、しばらくの間黄色を入れられなくなってしまう。5縦でいったん耐えて、黄色を引いてしまえば速度で有利だ。黄ダブや黄赤を引ければ非常に強い。ただし、連結量に不安が残る。

 なお、RPは6列目の高さを考慮して5,6にちぎる手もある。ただし、高所からのちぎりであるので注意が必要。

RP5,6のぷよ譜:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O8IiAwAs8iiuMkMuSsOaC464Aq

 

・AD5縦の場合

ぷよ譜その1(足りない):http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O8IiAwA886iGM4MuSaOyCy6uAq

 AD5縦の直後の場面。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215144123p:plain

 このPRは4縦でもいい。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215144419p:plain

 この段差の関係が(多分)良く、黄赤が来た時に両方とも活かせる。黄ダブでもその後素直に赤が入れられるし、今回は4列目と5列目の段差が2段だから、黄ダブの後に横置きで高速で入れられる。

 この段差の良さは覚えておいてもらいたいが、今回の場面は発火色捨てを拒否した場面であるから、この考えを貫き通す置き方もある。それが、下図である。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215144818p:plain

 ここで、弐式にするのだ。ちぎりがある点は良くないが、赤より先に黄色を引ければそこそこ効率が良い。今回の5縦の場合の置き方は、弐式が正解である。

ぷよ譜その2(弐式):http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O8IiAwA88GiGMuMGSaOyCy6uAC

 

・AD5,6ちぎり

ぷよ譜その1:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O8IiAwAk8iiuMsMsS6OaCa6uAq

 最初に紹介しなかった置き方だが、これもある。下図はADの直後の場面。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215145830p:plain

 5列目の赤の上が黄色で塞がれていないため、ここで4,5ちぎりで赤の連結を足せるのである。ただし、これで高所のちぎりを1回、そこそこ高所のちぎりを1回しているので、速度で劣る。

 また、ちぎって入れた下図の場面は、他にも欠点がある。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215150221p:plain

 タワー勢の感覚として、縦3連結の露出は良くないというものがある(筆者だけかもしれないが)。今回はGYが来てくれたからいいものの、赤が邪魔で連結できなかったり、ちぎりが発生してしまったり、それが原因で下の層の連結量が制限されてしまうことが(多分)少なくない頻度であるのだ。

 そのため、ここでも、先ほどの弐式の考え方が使える。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215150510p:plain

 緑は一応5連結狙えるし、悪くないであろう。ただし、やはりちぎりが多くなりそうなのが心配だ。今回は1手早く発火出来るものの、速度で勝てるかどうかは怪しい。

ぷよ譜その2(弐式):http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O8IiAwAk8GiGMuMGSaOyC46EA1

 

以下、3手目から違う置き方を少し紹介する。(脱線してるなあと書いてから気付いた)

・3手目3縦

ぷよ譜:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6O4I6AuAs8wicMEMqSwOKC66yAC

 ずらしタワーに自信がある、あるいはずらしタワーの方が強いと思っている方は3手目3縦もありだろう。4手目PYは4縦で棚上げした方がずらしでは強いと思う(研究したわけではない)。ずらしは確定が多分重要。下図でいう4列目よりも3列目が高くなるのはタワーとしては好ましくない気がする。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215151521p:plain

 数手進んで下図の場面。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215152107p:plain

 ここでは、勿論5,6ちぎりでもいいのだが、1,2横置きの可能性も唱えたい。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215152339p:plain

 1列目1段目を連結しないことで、1列目をクイック維持のためのゴミ捨て場に利用できるのだ。5,6ちぎりよりも当然連結では劣るが、ネクにどんなハチイチが来ても両方とも活かせるので、効率は悪くない(と思う)。また、6列目を連結していないので、運よく6列目を使わずにクイックを維持したまま完成し、すぐに発火色が来た場合、もう一方の色がどんな色でもクイックのタワーが撃てる。ずらしタワーはクイック率が高くて強いという話もあるので、(速度を落とさない)クイックの意識はしていきたいところである。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215152837p:plain

 

・3手目4,5ちぎり

 やってる人は一人もいない気がするが、やりたい人もいるかもしれないので一応。

ぷよ譜:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6OKI6AuAw8KieM4MySsOuCu6sA2

 これも、棚上げの方がいい気がする。

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215153238p:plain

 

・3手目3,4ちぎり

 これもやってる人は一人もいない気がするが、やりたい人もいるかもしれないので一応。ずらしと通常のをどちらも見る置き方。正直どちらかに絞っていいと思うし、おすすめはしない。このちぎりと後のちぎりで損だと思う。

ぷよ譜:http://ips.karou.jp/simu/ps.html?_cic6OgI8AwAu8siEMiM6SgOaCa6qAC

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180215153549p:plain

 

 これだけ書いておいて、どの置き方が一番良いかについては一切口にしていない。私もわからないのである。タワーって、怖くて、面白いでしょう?

 長い脱線だった。

塔 3. タワーの種類 要約

親ページ

 タワーについてちょこっとお話 - 初代ぷよ戯言

 

なげえよ。馬鹿じゃねえの?って思ったので要約した。

 

3.1. 型

本節においては、おじゃまぷよの位置には土台以外の色が入るものとする。

・壱式

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180214014258p:plain

・弐式

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180214014324p:plain

・参式

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180214014341p:plain

・四式

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180214014407p:plain

・五式

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180214014426p:plain

・縦3

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180214014448p:plain

・横3

f:id:kuyokkuyokkuyooooo:20180214014522p:plain

 

3.2. 向き

・逆

 3.1節の型を左右反転したタワーを逆タワーと呼ぶ。

・順

 通常のタワーを順タワーと呼ぶ。順は省略されることが多い。タワーの総称としてのタワーとの混合注意。

 

3.3. 位置

・ずらし

 発火点側に一つずらしたタワーをずらしタワーと呼ぶ。

・端

 発火点とは逆側に一つずらしたタワーを端タワーと呼ぶ。

 

3.4. 底上げ

 土台を1段上にあげたタワーを底上げタワーと呼ぶ。

 よく考えれば、横3タワーは底上げ横3タワーと呼ばれるべきであるが、すでに広く知れ渡っているので時すでに遅しである。

 

3.5. 実際の呼び方

 実際に細かいタワーの名称を呼ぶ際には以下のような法則で名づけられる。

    [向き][位置][底上げ][型]タワー

 なお、省略できるものは省略されることが多い。タワーという文字もよく省略される。